スマホ用手袋を探しているなら

最終更新日

レディース用やメンズ用など種類もデザインも豊富なスマホ対応手袋ですが、仕組みがわからないという方や、どのように選んだらいいのかわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は、スマホ対応手袋の選び方やおすすめ商品をご紹介します。

 

手袋したままスマホを使うには!?

寒い冬のシーズンなど、防寒のために手袋をはめていて困るのが、いまとなっては手放せない必需品スマートフォンやタブレットの操作。静電容量式のパネルは綿やアクリルといった布には反応しないので、そのままではタッチ操作が行えません。かといってそのたびに手袋を外すのは面倒だし、なによりも寒い。いちいち手袋を外すのは面倒だし何より寒い!でも「タッチペン」はさすがにちょっと不便ですよね。。そんな時に備えておきたいのが、「スマホ手袋」

 

スマホ手袋の仕組みとは!?

 

スマホ・タブレットに使われている「静電容量方式」

多くのスマホに使われているのは、静電容量方式の投影型と呼ばれる種類です。特徴として、画面に指で触れると発生する微弱な電流、つまり静電容量(電荷)の変化をセンサーで感知し、タッチした位置を把握しています。

 

「導電糸」が織り込まれた素材が静電気を通し感知される

一般的な手袋に用いられている繊維は電気および熱を通しにくい「絶縁体」であることが多く、指先に生じた静電気がタッチパネルまで届きません。

ですがスマホ対応手袋は、導電線を持たせた繊維で紡がれた糸(導電糸)が用いられていることにより静電気が手袋を伝わり、スマホのタッチパネルまで届くようになっています。導電する繊維そのものがタッチ画面に反応するため、手袋を外さなくともそのまま操作できるというわけです。

レザー系のスマホ手袋などもこの導電性のある繊維が織り込まれていることにより、アイコンのタップやスクロールといった主要な操作が問題なく行えます。

 

 

どちらのスマホ手袋もユニセックス(メンズ・レディース兼用)で使えるオフィスカジュアルなデザインでおすすめです。

 

自分に合ったスマホ対応手袋の選び方

スマホ手袋のタイプで選ぶ

Hameeで取り扱う「MOON(ムーン)」と「HARRIS TWEED(ハリスツイード)」のスマホ手袋には、レザータイプジャージタイプがあります。

スマホ手袋

レザータイプは、手首部分が広がっているため、さっと取り外しやすく開放感があり、指周りがスッキリしているため、オフィスカジュアルとしても使えるスマホ手袋です。

ジャージタイプは、手首部分がつぼまっており、ピッタリと手首まで風を通さないので、手首までしっかり防寒したい方におすすめです。

スマホ手袋のサイズで選ぶ

スマホ手袋を快適に使うためには、自分の手に合ったサイズを選ぶことが重要です。サイズが合っていないと操作がしにくいのはもちろんですが、指先の動きにスマホが反応しないこともあります。不自由なく操作するためにも、自分の手にぴったりのサイズを選びましょう。

一般的には、「S/M/L」または「M/L」でのサイズの取り扱いが多く、体の大きさではなく、手の大きさをきちんと測って選ぶようにしてください。商品ページには目安となるサイズ表なども載っていたりするので、スマホ手袋のサイズ選びの参考にしてみてください。

 

 

 

mi